企業のPR DX推進を支援する第1弾サービス「PR × デジタル診断 for Integrated PR Tech」を提供開始

PR×デジタルへのニーズの高まりを受けてDockpitを活用したPR × デジタルで課題を抽出し、ブランディングと販促のPDCA運用のサービスを提供開始しました。    統合PRコミュニケーションメーカーの株式会社ラ・クレタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:前田 圭介 以下、当社)は、ウェブマーケティング会社のクラスアクトと株式会社ヴァリューズが提供するWEB行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を活用し、企業のPR DX推進を支援する第1弾サービス「PR × デジタル診断 for Integrated PR Tech」を2021年7月2日から開始しています。   統合PRコミュニケーションメーカーのラクレタ、ウェブマーケティング会社のクラスアクトは、株式会社ヴァリューズが提供するWEB行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を活用し、企業のPR DX推進を支援する第1弾サービス「PR × デジタル診断 for Integrated PR Tech(フォー・インテグレーテッド・ピーアール・テック)」を2021年7月2日に開始する。約250万人のWEB行動ログデータをもとに3C(自社・競合・市場)分析ができるDockpitを起点に課題抽出し、ブランディングと販促のPDCA運用を手掛ける。       ラクレタ、クラスアクトのPR×デジタルマーケティング支援力と、Dockpitのデータ分析力を組み合わせる。ラクレタは、情報連鎖的に記事露出を起こし、潜在顧客を見込み顧客へ引き上げるWaves PR、潜在顧客のニーズを把握し、顧客が興味を引く最適な情報発信を継続的に展開するブランドリフト設計に特化したIMP(Insight Marketing PR)を提供しているが、PR×デジタルへのニーズの高まりを受けてDockpitを活用したPR × デジタル診断 for Integrated PR Techを提供開始した。       企業の広報や宣伝、マーケティング、デジタル担当に向けて、PR効果を広告換算のみに委ねてきたPRのアナログ状態から、PR効果をビッグデータでPDCA運用するPR DX推進を支援する。「デジタルマーケティングを任されている、または改善したいと考えている、予算を見直したい。」というデジタル担当や「今のPR会社に満足していない。新しい提案がない、オーダー通りにしか支援してくれない、予算を見直したい。」という広報や宣伝、マーケティング担当を対象にしている。         PR × デジタル診断 for Integrated PR Techは、PRとデジタルの両面から課題を明らかにする。日頃の活動を分析するPR&デジタルアンケートとともに、DockpitのWEB行動ログデータをもとにしたウェブサイト分析とキーワード分析によって、PRとデジタルの要件定義とアウトプット計画を設定。最短2週間の無償分析サービスから始まり、その後、有償プランに切り替えればプランニングからPR発信まで最短4週間で実施できる。なお、実施対象期間は3ヶ月〜となる。        ]]>