Case15:パナソニック株式会社~温活美容の市場基盤形成~

温活美容の市場基盤形成

[クライアント] パナソニック株式会社

概要

日本ではまだ認知されていない新美容法としての「温活美容家電」サービスの必然性をターゲットである女性の関心事と合わせて啓蒙活動を実施。

「夏の肌ケア」や「冷え=老け」のイメージを拡散したことで、ソリューションアイテムとして温活商品を提案した。

複数人が参加する座談会を実施し、ターゲットの共感を生み出したことで 調査データや医師の監修を元に、オフライン/オンラインを並行して活用し、ターゲットとのタッチポイントを複数用意したことで 温感美容の認知率が事前事後で、目標値を大幅にクリア。

掲載媒体数や広告換算値、露出数など予想を大きく上回ることが出来た。

活動内容

働く女性に対して「温める美容」の理解促進となる新たなコミュニケーションを模索していた。

「冷え=老け、温め=キレイ」のメッセージを開発し、webメディアを中心に恐怖訴求の実施。 調査PRの実施や美容皮膚科医をアサインし、温活美容の必要性と効果を伝達するためのメッセージに信頼性と深みを持たせた。

温活美容の市場基盤を作るために啓発活動から行い、温活するならパナソニック、のブランディングを確立させた。

ファクトブックの制作しメディアアプローチした事で、新聞やwebメディアなどに多面的に掲載。 美容皮膚科医を起用したイベントや女性誌ムック本の制作/座談会企画などを実施したことで温活美容のカテゴリを市場に浸透させることに成功した。

こちらの案件の詳細は以下よりお気軽にお問い合わせください。

]]>