Case14:株式会社 JIMOS coyuri~女性ターゲットに向けた美容商材の認知浸透~

女性ターゲットに向けた美容商材の認知浸透

[クライアント] 株式会社 JIMOS coyuri

概要

当時、まだ日本では一般的ではなかった「オイル美容」。ターゲットである中高年の女性へ新たに提案し認知浸透させる事に加えて、 競合の美容商材との差別化を図ることが課題であった。

PR視点で「植物美容」や「植物オイル」のメリットについて再定義し、ブランドストーリーを構築。製品開発者や学者などの専門家のオピニオンを広く届けることで、 「プロフェッショナルからのお墨付き」を付加価値として訴求し、商品のブランディング力を強めた。

活動内容

商品の特徴を洗い出し、プロモーションを行なっていく上での情報基盤や要件整理を行うためにコンテキストマップを作成。

作成したコンテキストマップを元に、サイト内の記事コンテンツや、ブランドストーリーを作成する事でターゲット層とのコミュニケーションルートを形成。

これまでには取り組んでいなかった専門家(製品開発者、学者、不動産、工務店)の情報を活用し、啓蒙活動を行なった事で信頼性が高まり、聞く耳を持つべき有益な情報としてターゲット層にリーチすることが出来た。また、副次的な効果として美容業界などの専門家たちのエンゲージメントが得られた。

こちらの案件の詳細は以下よりお気軽にお問い合わせください。

]]>